女の子をテレフォンセックスでイカせるポイント

NO IMAGE

テレフォンセックスを実際にやってみると、自分は簡単にセンズリで射精できるのですが、女性をイカせるのは難しいと実感します。男性はザーメンを出すのでイッタかどうかわかりますが、女性は昇天したかどうかわかりません。

女性を興奮させて一緒に気持ち良くなれるテレフォンセックスでイカせるポイントをご紹介します。

性感帯や好みを知る

セックスしている時なら女性の身体を愛撫しているうちに敏感な部分、感じやすい部分はリアクションでわかりますが、電話でのテレフォンセックスだと相手の反応を見るのは難しいです。ですので最初から性感帯の場所や、どういうプレイが好きか、クリトリスか膣内どちらが好きか聞いておきましょう。相手のが喜ぶ刺激のツボがわかれば、それに合わせて責め方を変えてテレフォンセックスを楽しみます。

オナ指示をしてリードする

オナニー好きな女性なら勝手に自分好みのオナニーで勝手に気持ち良くなってくれるので楽なのですが、テレフォンセックスの経験が少なくなれていない女の子ですと必ずオナ指示をしてリードしなければいけません。経験が少ない女の子は何も言わなければマグロになるので、積極的に話しかけたり、耳元で囁くように言ったりとテクニックを使います。

見えてなくても見えてるように具体的に言う

テレフォンセックスは妄想なので相手がどんな体型や、どんな服装かをしてるか見せません。なのでこちらの妄想で相手がどんな体型化を勝手に想像して、褒めていきましょう。「おっぱいの味おいしいよ」とか「オマンコの溢れるお汁舐めるね」など実際にセックスしている時にい思う事を受話器越しに言います。

擬音や唾液音などのテクニックを覚える

電話では音や声が唯一の情報なので聴覚に訴える音も効果的です。ディープキスをしている時の舌の音や、クンニの際のアソコを吸う音がリアルにできると臨場感があり女性もエッチしてるんだと勘違いしやすいです。そうなると興奮してイキやすくなるので覚えておいて損はありません。