ツーショットダイヤルの女性を口説くなら長期より短期で勝負

NO IMAGE

ツーショットダイヤルでも、テレフォンセックスしたら相性が良かったとか、話した感じが好印象で会いたい!と思う事もあります。その際に女性を口説かないといけません。その際のポイントをご紹介します。

ツーショットダイヤルで女性を口説く際に最初にするべきこと

まずツーショットダイヤルで女性を口説く時にするべきことは、無料通話アプリ(LINEやカカオトークなど)のID交換するか、電話番号を交換しなければいけません。
番組の利用料金を節約するためという意味が大きいですが、ツーショットダイヤルなので、ランダムに女性と繋がってしまい、一度電話を切った相手と再度繋がる可能性は少なくなります。また伝言ダイヤルに「〇〇さんもう一度連絡したい」と録音しても相手がそれを聞いてくれるかどうかが難しいのです。

ですので必ずどこかのタイミングでアプリのID交換をするか、電話番号を直接聞くようにしましょう。

断られたらすぐ切り替え!長期より短期で勝負する

連絡先を交換できたら、さっそく相手と電話で会話する事にしましょう。その方がお互いに距離感が近まります。そして次は実際に会いたいと口説く必要があります。

この口説いてから「会いたい」と誘うまでの間は長くて3日です。それ以降は好奇心やわくわく感がなくなり、会える確率が下がります。ですので番号交換して3日以内に「会いたい」と言って、断られたら次へ行きましょう。一度断った相手に執着せず、次の女性との出会いを探するのです。

この方法は出会い系やSNSでも同じで、一人の女性に執着するよりも他の女性に数多くアタックする方が会える確率が高いのです。

ツーショットダイヤルでの体験談

すぐにエッチができる出会いを求めてツーショットダイヤルのMAXを使ってみたいんです。最近のは店に行く必要がなくてネットで出来るのが便利です。若い子より人妻の方が暇だろうと勝手に想像してコールしたら昼間なら結構多いですね。ただ残念ながらツーショットダイヤルに電話してくるような女性はだいたいがサポ希望。顔が見えないのにお金を払う約束なんてできないですよね。出来ればテレビ電話でテレクラができたらサポするかどうか決めやすいんですけどね。人気がある毎日多数の主婦がコール待ちしていますよ。