テレフォンセックスではお互いに状況を伝え合う事で興奮する

NO IMAGE

テレフォンセックスは音声通話だけで行うので、いかに相手に自分の状況を伝えるかがポイントです。
状況が分からないとテレフォンセックスは当然始まりません。自分の状況を伝えるだけで無く相手の状況も聞いて知りつつテレセを進めていきましょう。

テレフォンセックス中に相手に伝えるポイント

今どんな状況でどこにいるのか?

最初に伝えるべきは今どこにいてどういう状況か?という事です。自分の部屋にいるのなら良いですが、外出中とか、家族と一緒にいるというとテレホンセックスはしにくいでしょう。特に家族と同居している場合は、音漏れや喘ぎ声が聞こえてしまう事もあるので、寝静まっているかも聴く必要があります。

身体が興奮しているか聞く

「おっぱいを触って」とか「アソコを触って」と言って一緒にオナニーしていくテレフォンセックスですが、相手がまだオッパイを触って乳首も勃っていないのに、いきなり割れ目に手を伸ばしてオナニーさせようとするのは展開が早すぎるでしょう。身体が熱くなってくる、乳首が固くなっているなどの状況を聞いてから、クリトリスや割れ目に誘導しましょう。

どういう行動するかを聞く

どういうプレイをしたいかも伝える必要があります。いきなり「指を入れるよ?」と言っても口なのかアソコなのか、アナルなのかわかりません。キスして乳首を舐め、クリトリスを触った後に指を入れるというのなら理解できます。必ず「今から舐めるよ」とか「今から指入れするね」といって行動を区切っていきましょう。

テレフォンセックスを上手くするポイント

テレフォンセックスでのプレイは可なり楽しく、家や出張先で悶々とした時に、気軽に楽しめる濃厚なオナニーが楽しめます。今までテレフォンセックスをしたことがないと言う人は電話の声だけで勃起するのかよ?と思われるかも知れませんね。特にアダルト動画などを見ている事が多い人はそう感じるでしょう。しかし百聞は一見にしかずで、まずは無料ポイントを利用してテレフォンセックスとはどういうものなのか実感してみるのがいいではないでしょうか?サイトによって若い女の子と出会う事を目的としたものもあれば、電話エッチを目的としたものなど色々な種類があります。まず初めての方は素人女性との出会いを目的とするものより、慣れているプロの女性を相手に練習するのがいいでしょう。若い女性を相手にする場合、電話の音声のみでリードをしなくてはいけませんが、人妻などの手慣れた女性に最初はリードしてもらって感覚を養うのがいいでしょう。でもテレフォンセックスってオナニーするのが目的なんだから、適当にあえいでもらって射精すれば電話切っちゃえばいいんじゃない?と思われるかも知れません。しかし女性とセックスする場合でも自分が射精すればいいからと言ってさっさと出して寝てしまっては女性に申し訳が立ちませんよね。ですから電話の声だけですがお互い気持ちよくなるのがいいでしょう。